三重県厚生事業団について

はじめに

三重県厚生事業団は、誰からも「地域で生活できてよかったね」といわれる施設の創造をめざします。

基本理念

一人ひとりの意向を尊重し、自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、その支援に向けた良質で多様なサービスを提供するとともに、県民の高い信頼を得る中で、全ての人々が障がいの有無にかかわらず相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に貢献します。

概要

名称 社会福祉法人 三重県厚生事業団
所在地 津市一身田大古曽670番地2
設立 昭和48年6月22日
理事長 井戸畑 真之
役員 理事 6名 / 監事 2名(定数)
評議員 7名(定数)
法人事務局 職員数6名(常勤職員 6名)(定数)
事業所

事業所数2
職員数233名(常勤職員198名)(令和3年4月1日定数)

事業内容 (1)第一種社会福祉事業
・障害児入所施設の経営
・障害者支援施設の経営
(2)第二種社会福祉事業
・障害児通所支援事業の経営
・障害福祉サービス事業の経営
 ・特定相談支援事業の経営
・障害児相談支援事業の経営
・身体障害者福祉センターの経営
(3)公益事業
・居宅介護支援事業
・三重県いなば園診療所
・三重県身体障害者総合福祉センター診療所
・日中一時支援事業
・障がい者スポーツ推進事業
・高次脳機能障がい及びその関連障がいに対する支援普及事業
(4)収益事業
・運動施設貸出事業

沿革

昭和48年6月 法人設立
特別養護老人ホーム「明星園」の受託経営
昭和52年10月 知的障害児(者)施設「三重県いなば園」の受託経営
昭和60年4月 身体障害者総合福祉施設「三重県身体障害者総合福祉センター」の受託経営
平成14年3月 特別養護老人ホーム「明星園」を民間移譲
平成15年10月 「三重県いなば園」の入所定員変更(成人施設150名から120名へ)
平成18年4月 「三重県いなば園」の自主経営
「三重県身体障害者総合福祉センター」の指定管理(1期目)
平成23年4月 「三重県身体障害者総合福祉センター」の指定管理(2期目)
平成28年4月 「三重県身体障害者総合福祉センター」の指定管理(3期目)
令和3年4月 「三重県身体障害者総合福祉センター」の指定管理(4期目)

 

三重県身体障害者総合福祉センター
三重県いなば園